必要不可欠なウォシュレットを正しく使用するために

ウォシュレットに互換性はある?

ウォシュレットに互換性はある? ウォシュレットはTOTOが発売している温水洗浄便座の商品名です。
TOTO以外からも温水洗浄便座が販売されており、INAX(LIXIL)、パナソニック、積水ホームテクノなどが知られます。
ウォシュレットは互換性があるものではありませんが、便座の仕組みとサイズが合えば設置することが可能です。
設置できるものとしては一般洋式便器、ワンピース型便器で墨付タンク式腰掛便器は機種によっては取り付けるのが出来ない場合があります。
日本メーカーの便器は一定の規格で作られているためトイレの寸法に合えば設置ができます。
一方でウォシュレットでも一体型のものは他社とは互換性のないものも多いため同じメーカーで同じ規格のものでなければ設置することはできません。
ウォシュレットの交換そのものは個人でも道具があれば可能ですが、新たに取り付ける場合には、電気工事や水道管工事が必要な場合もありますから専門の業者に依頼して取り付けてもらうのが無難です。

ウォシュレットのメーカーごとの互換性について

ウォシュレットのメーカーごとの互換性について 自宅のトイレにウォシュレットを設置して、毎日のトイレタイムをより快適にしたいと考えている人は多いでしょう。
でも、いざ設置しようとすると自宅のトイレとウォシュレット本体との互換性について心配になりますよね。
せっかく買ったのに設置できなかったということになったら元も子もありません。
ここ数年発売されているウォシュレットの大半はメーカーに縛られることなく設置が可能です。
多少便座と色が違っていたり、便座のサイズが少し合わなかったりすることはあるかもしれません。
しかし、普段使う分には問題を感じることはほとんどないはずです。
どうしても気になってしまう人や統一感を出したい人は、同じメーカーのものを取り寄せましょう。
互換性があるウォシュレットを設置する上での注意点ですが、トイレ内に電源コンセントがあるのか、コンセントは便座と距離が離れていないかなどをチェックしておくといいですよ。
消費電力が適切だとなおいいですね。

新着情報

◎2018/10/17

ウォシュレットの互換性
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「ウォシュレット メーカー」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@pokke222920 私もメーカーが気になってウォシュレットのパネルを見てみましたが知らない会社でした(´;ω;`)

おしりの洗浄じゃなく、明らかにケツの穴をもう一つ増やす目的で設置されてるとしか思えない火力のウォシュレットたまにあるじゃん メーカーの人絶対自分の尻で試してないだろ

Twitterぷえぷえサクレちゃん(*`ơὢơ´)@palau_papico

返信 リツイート 昨日 19:03

ウォシュレットの一番の水圧。そこまでじゃない。メーカーさんそんな設計してない。なんなら逃げて蓋しよう。 切れるより、ウォシュレットの水は、綺麗じゃないから、衛生的じゃない方を心配すべきよ。これから、ノロの季節だしな。 #あさイチ

ウォシュレットの型番が多すぎてややこしい。ほかのメーカーにしよかな。

トイレ床、水道屋さんで直してもらえたらいいんだけど、ウォシュレットが原因の水漏れだとメーカー問い合わせになるんだってー

返信先:@merida114 ウォシュレットはTOTO製品の名称だからね、ウォシュレッターとなるとTOTO専門温水洗浄便座愛好家という事になるんだ。つまり...東芝パナソニックLIXILジャニス工業アサヒ衛陶...これら各メーカーを無視するという事でよろしいかな?

◆発掘された品 アイワ製温水洗浄器(未開封品) 簡易型のウォシュレットですね。 確かヨメがゲームセンターの景品で取って来たと記憶。 アイワって言ったら、オーディオメーカーだけど、こんなモノも、作ったのねw これは捨てます。 pic.twitter.com/5yRBs4WJ2o

返信先:@atataka_yassy そうですねー!空港とかは日本のトイレメーカーが頑張って営業してウォシュレットとか入ってる所もあるんですが、街の中はまだまだ改善の余地=ビジネスチャンスがありそうです!

No.519 次の温泉洗浄便座とメーカーの正しい組み合わせを選びなさい⇒ビューティ・トワレ―パナソニック、シャワートイレ―INAX、ウォシュレット―TOTO

No.13 次の温泉洗浄便座とメーカーの正しい組み合わせを選びなさい⇒ビューティ・トワレ―パナソニック、シャワートイレ―INAX、ウォシュレット―TOTO